【映画感想】セブン

その他

応援いただけるとうれしいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 看護師・ナースへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ゴリラでございます

特にすることもなく映画みてました。今回はセブンです

created by Rinker
¥1,650 (2024/02/27 04:56:50時点 楽天市場調べ-詳細)

アマプラでみれますね

あらすじ

1995年のアメリカ映画。監督はデヴィット・フィンチャー監督

キリスト教の七つの大罪をモチーフにした連続猟奇殺人事件をおう二人の刑事(ブラッドピット・モーガンフリーマン)の姿を描いたサスペンス映画

感想

なかなか衝撃的な最後で、なかなか胸糞悪いというかグロイ、終わりで・・

7つの大罪は漫画でもあるので、名前くらいはしってると思うんですが、嫉妬、高慢、怠惰、憤怒、強欲、肉欲、暴食からなるダメになっていく人間が侵すとされるすべての罪の根源となるものだそうで、この罪にそって次々と、殺人事件が起こされていきます。

この殺され方自体もなかなかのもんで、ひどい殺され方なんですが、まぁそこは猟奇的な犯行を描いた映画なんだなぁと。どうせまぁこの主人公二人の活躍で、どっかで解決していかれて、その道筋がみえてくるのが楽しいんだろうなぁと思ってみてました。

しかし、なかなか解決もされず、しかも途中で犯人が自首してくるしで、あれー?と思ってみてましたが・・・なかなか救いがない終わり方でびっくりしました

よくこんあシナリオが通ったなぁとは思いますが、これくらいぶっ飛んだものだったからこそ、まぁある意味魅力的なものになったんでしょうね。

結局犯人の動機や、正体も不明だったんですが、モーガンフリーマンなどが映画の中でいってたようにまぁ当たり前のように起こる殺人事件などに対して、世の中の人々がもう無関心になりつつあることに対してのアンチテーゼ的なものなんでしょうか・・

なかなか強烈なメッセージの表現の仕方で、まぁ後味は悪いものの、なんとなく見終わった満足感は高い映画となっていましたね。すごい

コメント

タイトルとURLをコピーしました