ショーシャンクの空に

その他

応援いただけるとうれしいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 看護師・ナースへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

どうもどうもゴリラです

とりあえず飽きるまで映画に浸っていこうかと思っております

今まであまり見てこなかった分を取り戻すぜ

って事で今回はショーシャンクの空にです

created by Rinker
¥1,650 (2024/06/21 10:40:28時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

1994年公開のアメリカ映画です。監督はフランク・ダラボンさん

妻とその浮気を殺した罪で終身刑となり投獄されてしまうエリート銀行員の主人公アンディ。ショーシャンクの刑務所で過ごす長い年月を描く映画です。癖の強い凶悪な囚人や、不正に満ちた刑務官などに悩まされながらも、仕事で培った経理の能力や誠実さなどで希望を捨てずに生き抜いていくヒューマンドラマですね

感想

正直めちゃくちゃよかったです。

僕でも知ってるくらいの映画ですから、とんでもなく有名でしょうから今更なのかもしれんが・・

冤罪の罪で、納得しないまま投獄されて、同性愛者に襲われて・・・理不尽な刑務官をめのあたりにして、それでも腐らることのない主人公。自分もどこかすがるものを求めたところもあるんでしょうが、自分の能力を生かして、刑務官をも利用し、仲間の囚人達との絆を培っていきます。

囚人同士での争いの嫌な部分と、仲間になっていくほっこり部分。刑務官に取り入ってどんどんと居場所を作っていく理知的な面白さと、刑務官に取り入ればいるほど、秘密をしっていまい、外に出ることができなくなる、絶望感を感じる部分などを繰り返し、うまい具合に上がったり下がったりがあって、全然飽きることなく、見入ってしまい、あっという間に話は進んでいきます。最後は一見もうだめかと思われた部分から最初の方から続いていた伏線も見事に回収し、悪人たちへもちゃんと罰も与えて、本人はちゃんと希望の世界へ進み、仲間も救う。とんでもない充実感というか、満足感を得られる映画でした。

みな終身刑の身。投獄期間は飛んでもなく長いです。最初はみんな出ることに憧れますが・・・だんだんと長くなって刑務所での立場が確立されていくごとに、今度は出ることに恐怖を覚えていく様子は人間味を感じるというか・・・僕たち看護師の仕事でも、長く同じ部署に居続けると、出れなくなるんですよね・・はっきりと言って今ならツーカーじゃないけど、なんでもできるし、頼りにもされる。それがまた新しいところに行くと、一からですからね。下手したら後輩のような子達からもダメな扱いされるかもしれんし。実際に今仕事出来ているのは、自分が優秀なわけじゃく、ただただこの場所に適応しただけなのかもと不安になるしね。

あと今はまだましですが、昔の精神科患者さんなんかもほぼ終身刑みたいな年月を病院で過ごす人も多かったですから、いざ退院になっても、現実世界に対応できずなんて事もあったんだろうなと。周りは精神患者と白い目で見てくるし、まったく対応できずに映画の中のブルックリンと同じようなことが起きてきたと思うと、なんか怖いというかね。すごくうまく人の心をわかっている映画だなと。

囚人たちはもちろん、どうしようもないことをして投獄されているんでしょうけど、刑務官たちも立場を利用し、バレないことを前提に、本当に人間が腐っています・・・みてるともうどちらが犯罪人なのかもわからないくらい。でもこれも上にあげました、精神科でもあり得るから・・・

みんながみんなじゃないけど、どうしても管理者と、管理されるもの。社会的に信用のあるものないもの、上下関係のようなあるような立場になってしまうので、自分も注意しないといけないなと考えさせられる部分もある映画でした。

でも本当に心理描写などが巧みに移されていて、人間いい面も汚い面も余すところなく書かれていて、希望を持ち、計画を立て、あきらめずにしっかり計画を立てる事の大事さとかいろんなことを学べるマジでおすすめな映画だったと思います。

モーガンフリーマンやっぱめちゃ恰好いいな。こういうちょっと悪いんだけどでも理知的で、温かみのある人物が本間に似合うわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました