ジョジョ・ラビット

その他

応援いただけるとうれしいです
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 看護師・ナースへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

どうもゴリラさんですよ

さてどんどん観た内容を覚えているうちに書いていきます

今回はジョジョ・ラビット。

created by Rinker
¥2,022 (2024/03/04 10:46:03時点 楽天市場調べ-詳細)

AmazonPrimeでレンタルで300円でもみれますね

あらすじ

第二次世界大戦下のドイツが舞台。母とふたりで暮らす10歳の少年ジョジョ。空想上アドルフ・ヒトラーのいわれ戦時下の立派なナチスの兵隊に憧れ入隊します。しかし、本質は優しいジョジョは訓練でウサギを殺すこともできず、“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまいました。挙句に訓練での手りゅう弾を投げそこない怪我をして兵隊にもなりきれず・・・。そんな中、ジョジョは隠し部屋にナチスからしたら迫害対象のユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気付いてしまいます。そのことを隠している母親に内緒でやりとりを始め、時折でてくるヒトラーの邪魔されながらも悲惨な境遇の中でも聡明にいきるエルサに少しずつ恋心を抱いていくといった内容。

2019年のアメリカのコメディ映画。監督はタイカワイティティさんだそうです

ゴリラの感想

ドイツ・ナチスと聞くと、なんとなくイメージ的には残虐的な、悲惨さを訴える作品になりそうですが、コメディをうたっている通り、軽いタッチで物語は進んでいくような感じです。コメディだからでしょうが、映像は綺麗ですが、こうどこかB級的な要素で期待せずに見始めました。

主人公の男の子は、10歳です。日本の戦時中と同じように、兵隊は素晴らしい、格好いい、国のために犠牲を払え、それが美徳なんだと育てられてきたんでしょうね。そういうのに憧れる幼い少年です。おそらく戦時中の日本もこういう子達であふれていたんでしょう。洗脳って怖いわ。幼いころからそう教育されていたら、きっと僕にしてもそれが正しく格好いいんだと思っていたんじゃないだろうか。

ただし、この主人公は結構運動音痴のようで兵隊としては、落ちこぼれなのでしょう。それで、妄想の中でヒトラーを作り上げそれに励まされる形で、入隊していきます。

結局、訓練中の怪我もあり、兵隊にならずに済んだこと。母親がかくまっていたユダヤ人の娘に出会った事で、結局人種などでは人は測れない事や戦争の無意味さなどに気づいていくですよね。コメディタッチに進んでいくので軽さはありますが、急に大事な人がなくなったり、戦争の悲惨さなども描かれている部分もあってギャップさもきちんと映されています

母親は、嫌な結末を迎えていますが、こんな戦時下でもちゃんと自分の信念を持っており、聡明な様子でいちいち言動も格好いい。自分が殺される覚悟でナチスに反抗しながらも息子がナチに染まっていくことを心配しながらも、頭ごなしに否定もせず、優しく見守っている姿や、ユダヤ人女子に語る言葉がけやしぐさの素敵さなどめちゃくちゃ惹かれますね。世間に流されるだけでなく、ちゃんと真理をつかめる大人になりたいと自分もかんがえさせられました。

他にもただの戦争馬鹿なんかなと思わせていた教官もおそらくは戦争に辟易しれいたんでしょうかね。最後は主人公かばうシーンは痺れますし、足だけで死の表現を行い、靴紐を結んであげるところなどは表現の巧みさも窺えるシーンも多い作品でした。

物語のエンディングでは戦争も終わり途中で、母親が言っていたダンスを踊り自由を手に入れて前に進んでいくといった、すっきりとした終わりを迎えれたというところもよく、かなり面白くみることのできる映画だっと思います

主人公の男の子は将来相当な男前になってるやろなぁ。でも友達のふとっちょボーイが一番いい味でて好きでしたけどね。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました